仕上がった製品の検査や検品

仕事内容が自分に合うか見極めることが大事

工場の求人情報にはさまざまな製品をつくる職種の求人広告が並んでいます。工場では、自動車関連や電化製品、衣料や食品などが製造されているので、興味のある製品に絞って求人先を探していくとよいでしょう。自動車を造る仕事に携わる求人に応募すると決めても、仕事内容もさまざまあるので、どんな作業をする仕事に応募するかも検討する必要があります。合わない仕事内容の現場を選んでしまうと、作業が辛くてやめたいと思うことが多くなります。たとえば、自動車関連の製造工場といっても、部品を加工する人や組み立てをする人、検査や検品をする人など。自動車を製造するにあたり、色んな仕事内容があるので、それぞれの作業の詳細を理解し、そのうえで自分に向いている仕事内容の求人を選ぶようにしましょう。

検査や検品をする工場の仕事とは!?

工場の求人の仕事内容をチェックしていると、「検査」や「検品」という作業の仕事をよく目にすることがあるでしょう。検査や検品の仕事は、製品の加工や組み立てをして、商品として仕上がったものを、一つ一つ不具合や欠陥がないかを確認する仕事です。自動車の運転に支障はないか動作を確認したり、電化製品にキズや汚れがついていないか目視でチェックしたり、飲料水に不純物は含まれていないかなどを見ていきます。難しい作業はほとんどない単純作業の仕事なので、工場勤務が未経験でも採用されやすいところが利点です。

簡単な作業で力仕事がないように思えますが、職場によっては検査や検品が終わった後に、商品を梱包し、積み込みする作業が含まれることもあります。また、座って検査や検品をする仕事もあるものの、立ち仕事の現場もあるので足腰の負担を感じることもあるかも知れません。働く現場はどんな仕事環境なのかも把握しておくことが重要です。

愛知の住み込みの派遣は自動車メーカーやそれに関連する部品メーカーの工場が多く求人を出していいます。一般的な求人サイトにも掲載されていますが、工場専門の求人サイトの方が掲載数が充実しています。