作業全体の流れを確認する管理者

工場の生産管理者とはどんな仕事?

工場では業種ごとに日頃から多種多様な製品が生産されていますが、もちろん無計画に業務が進むわけではありません。会社の経営方針や営業企画部門などの指示に基づいて、あらかじめ指定された納期までに、必要な数量や品質の製品を生産していくのが通常です。工場の生産ラインではそれにともなって具体的なプランを作成し、材料の仕入れの量やタイミングを見極めたり、人員の配置や設備の充実を図ることが求められます。

そのように生産ラインをトータルに管理するのが、生産管理者の主な仕事になります。生産管理者は単に生産ラインの準備や監督をするだけでなく、生産ラインが稼働している最中も、細かく指揮を取ることが求められます。例えば予定よりも生産量が落ちているなら、生産スピードを加速するように指示しなければなりませんし、完成品の在庫が過剰になれば、生産ペースを落とすように調整します。

生産管理の仕事にはどんな適性やスキルが必要?

実際にプラン通りの量や品質で製品が生産されているのか見極めるには、高度な知識や経験そしてスキルが必要になります。そのため生産ラインの司令塔とも言える生産管理者になるには、人や物をマネジメントできる頭脳が欠かせません。製品や設備について深い理解が求められるだけでなく、資材や在庫の変動、そして人員の配置や個々の性格に至るまで、生産目的を達成するための幅広い視点が求められるのです。 さらに工場の業種によっては、天候の変化や不良品の発生によって生産ラインが強い影響を受けるケースもあります。そこでの生産管理者は状況を速やかに把握してそれを分析し、臨機応変に対応できる柔軟で冷静な思考も必要になります。なお生産管理者になるために独自の資格はありませんが、生産管理プランニングや生産管理オペレーションといった、民間法人の主催する資格を取得しておくと、就職活動の際にはアピールできるでしょう。

愛知の寮の派遣は、冷蔵庫や電子レンジといった生活必需品がほとんど用意されている案件もありすぐに生活を始めることができます。